新着情報

ASPEGRENのオーガニックコットンは、GOTS認証付き!

近年、さまざまな衣服や雑貨の商品に「オーガニックコットン」の表示を見かけるようになりました。

皆さんは、オーガニックコットンの表示に明確なルールがないことを知っていましたか?

実は、日本の現行の法律では、オーガニックコットンの基準が詳細に決まっていません。そのため、たとえ1%でもオーガニックコットンをブレンドしていれば「オーガニックコットン素材です」といえてしまうのが現状なのです。

明確なルールがない状態では、せっかくオーガニックコットンを選んだつもりでも、実は環境や労働へ十分に配慮できていない企業の商品を買ってしまった、なんてことも起こりかねません。

そのような商品を購入することは、私たち消費者が間接的に環境破壊や労働搾取に加担してしまうことを意味します。

しかし世界を見渡してみると、厳しい基準をクリアした企業だけが取得できる、オーガニックコットンの認証マークがいくつかあるのです。

中でも今回は、ASPEGRENも取得している「GLOBAL ORGANIC TEXTILE STANDARD(GOTS認証)」について、簡単にご紹介します。
 

GLOBAL ORGANIC STANDARD(GOTS認証)とは

GLOBAL ORGANIC STANDARDは、ドイツの認証機関です。

2002年に発足し、2006年に初めてオーガニック農法による繊維の審査・認証をスタートしました。

これまで世界では、小規模でさまざまな基準が存在していました。それを1つにまとめ、分かりやすい基準をつくり上げたのがGOTS認証というわけです。
 

GOTS認証では、主に以下のような基準を設けています。

  • 栽培開始前の3年、その土地で農薬・化学肥料・殺虫剤を使用していないこと。また栽培期間中も不使用であること
  • 従来の慣行栽培から有機栽培に切り替えたことで、生産者とその家族の生活環境が向上していること
  • 収穫したオーガニックコットンは、すべての工程で慣行栽培のコットンと分別し、絶対に混ざらないよう管理していること
  • 洗浄や加工の際に排出する水の管理・処理方法が適切であること
  • オーガニックコットン製品の生産に携わるすべての人たちの人権を尊重し、子どもや女性・移民による強制労働を行なわないこと

 
栽培する土地や周辺環境への配慮はもちろん、生産に関わる人々の労働環境や、加工時の水の汚染まで、実に幅広い項目が定められています。

また、GOTS認証を受けるのは販売元だけでなく、生産~販売までのすべての過程に関わる農家・企業に適用されます。

この点から、GOTS認証を取得した企業が、オーガニックコットンの生産がいかに厳重に行なっているのかが伺えるのではないでしょうか。
 

ASPEGRENでは、GOTS認証の厳しいルールと詳細な審査を定期的に受け、地球にも人にもやさしいオーガニックコットンを使っています。
美しいデザインや手触りだけでなく、地球への思いやりを持って、暮らしの道具選びをしてみてはいかがでしょうか。

 

ASPEGREN GOTS認証商品

Dishcloth ディッシュクロス

 


Kitchen Towel キッチンタオル

 


Tea Towel ティータオル


Bag バッグ

 

今回ご紹介したGOTS認証以外に、ASPEGRENではオーガニック原材料を95%以上含む製品に対して与えられる「OCS認証」商品もございます。こちらについては、後日あらためてご紹介させていただきます!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。